ダスキンミュージアムに駐車場はある?体験の予約の仕方は?

ダスキンミュージアム

2015年10月1日から大阪の吹田に

ダスキンミュージアムができました!

かなりの人気らしいですね^^

 

ダスキンはおそうじでおなじみですし、

ミスドは言わずと知れたドーナツ屋さんです。

 

どんな施設なのか下記にまとめましたので

見てみてください^^

夏休みやお子さんの長いお休みの時

など一つの体験として利用するととても

いい思い出になりますね^^

スポンサーリンク

ダスキンミュージアムってどんなところ?

1963年に創業したダスキン。

創業から52年も経っているんですね!

 

それまでは雑巾がけやほうきとちりとりで

ホコリを取る掃除の仕方をしてきた日本の

掃除文化にあらたに

 

「化学ぞうきん」

 

で水を使わない新たなお掃除文化をつくりました。

 

そして1971年にはアメリカから

「揚げたてドーナッツ」を日本に紹介。

新たな食文化を作ってきました。

 

今ではどちらも全国各地に何店舗もありますよね!?

そんなダスキンが創業した大阪吹田市に

ミュージアムを作りました。

 

ダスキンのお掃除館ではこれまでのお掃除の

歴史やお部屋のお掃除の仕方などフロアで見る

ことが出来るようになっています。

 

ミスタードーナツの方は歴史はもちろんのこと

ドーナツを作る体験も出来るようになっています。

ダスキンミュージアムの予約の仕方は?

まずはお掃除館のすみずみおそうじ体験ですが、

こちらは事前の予約はしなくても良いそうです。

来館当日に1階のインフォメーションにて整理券を発行してくれます。

 

ただ、1日3回1回につき定員12名

なっているので日曜日や長期休暇の時などは

思うような時間に体験できない可能性はありそうです。

 

事前にミュージアムに何時くらいに開催される

のか聞いてみたほうが良さそうですね。

 

ミスドミュージアムのミスドキッチンの

ドーナツ作り体験の方は色々と決まりがありました。

 

★体験スケジュール

1日2回(所要時間約100分 1回当たり)

  • 1回目開始 10:15~
  • 2回目開始 14:00~

作れる個数は1回の体験につき型抜き3個、

デコレーション2個の合計5個です。

 

★定員

各回32名

 

★料金

1人税込み500円

※支払いは現金のみです。

 

★対象年齢

小学生以上

※ただし、小学校1・2・3年生は必ず

中学生以上の方とペアで申し込まないと

体験できません。

 

※体験はペアで行うので必ず申し込むときは偶数で申し込まなくてはいけません。

※幼稚園・保育園の就学前の子供は安全面から体験できません。(色々な器具、油など使うため)

 

就学前のお子さんが体験できないのは

少し残念ですね(泣)

 

でも私も仕事で体験したことがあるのですが

ドーナツを揚げるのは大人でも気を抜くと

火傷をしかねないのでこれはしょうがない

かなと思います。

 

小学生も3年生までは親とペアを組むか

お兄ちゃんおねえちゃんが中学生以上で

あればペアで一緒に参加できますね。

大人もきっと楽しめそうです^^

 

予約はこちらから!

 

10月6日現在すでに10月11月の

予約状況はすでに満杯です(汗)

かなりの人気ですね、、、。

 

12月の初めの予約はまだ少し余裕が有るようです。

60日前から予約を受け付けているので早めの

予約をしないと当分の間は体験するのは

中々難しそうですね。

スポンサーリンク

ダスキンミュージアムに駐車場はあるの?

まずミュージアムの住所などお知らせします。

  • 所在地 〒564-0054 大阪府 吹田市 芳野町5-32
  • 休館日 月曜日、年末年始  ※月曜日が祝日の場合は翌日休館
  • 開館時間 10~16時(入館は15:30まで)
  • 入館料 無料
  • 電話番号 06-6821-5000

 

ミュージアムには駐車場がありません。ですので車で来る場合は駐車場を探さなくてはいけません。

周辺駐車場はこのような感じになっています。

Aの赤地点がダスキンミュージアムの場所でそのた色のついた地点が駐車場候補です。

ダスキンミュージアムのまとめ

2015年10月1日にオープンしてから

ミスドのドーナツ作りの体験はかなり

人気があるようですね!

 

12月までは予約がいっぱいなので

みなさん平日などは学校を休んで体験しに

行っているのでしょうか!?

 

それとも学校の授業などでこの体験が

組まれている場合もありそうですよね。

 

入館料は無料ですのでとりあえず覗きに

行くだけでも楽しめそうですね(*^^*)

公式ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ