ホクナリンテープ(咳止めテープ)の子供の副作用は?意外に注意が必要!

ホクナリンテープ,副作用,子供

ホクナリンテープと聞くと???ですが咳止めテープと言うと「分かる!」という方多いのではないでしょうか。

咳が出ていてお医者さんに行くと場合によっては処方されたことがある方も多いと思います。

手軽に使える咳止めテープですが実は副作用が意外に多いことが分かりました。子どもや赤ちゃんにどのような反応がでる事があるか紹介していますので見てみて下さいね^^

スポンサーリンク

ホクナリンテープ(咳止めテープ)って?

ホクナリンテープは「気管支拡張薬」です。

 

気管支が収縮してしまっている時に、広げるために処方されるテープですがお薬です。

収縮している状態というのが【喘息】なのですが、「気管支喘息」、「急性気管支炎」、「慢性気管支炎」、「肺気腫」や風邪で咳がヒューヒュー・ゼーゼーしていてひどい時にも処方されることが多いテープです。

 

原則的には喘息の時が一番効果を発揮すると理論上はあるのですがお医者さんの経験的にはただの咳の時(気管支は収縮しない)にも効いてしまうためお医者さんもついつい出してしまうお薬なんだそうです。

 

貼り方は粘着部分を指で触らないようにして貼って下さい。

このテープは即効性がないようなので咳が出た時に慌てて貼っても意味が無いようですね(汗)

 

貼ってからテープに付いているお薬の有効成分が少しずつ体に吸収されていき、だいたい3,4時間くらいしてから効果がではじめると予測されています。ピークは6~15時間程度続くようです。

ですので明け方の咳がひどい場合は、夜8時くらいにお風呂から上がって体をよく拭いてから貼ると明け方の時間に合わせてお薬の効果が一番高くなるので有効だとされているようです。

 

そして、ホクナリンテープは気軽に使えるイメージがあるため市販されているのかどうか気になる親御さんも多いようですが ホクナリンテープは医療用医薬品ですので、お医者さんの処方が必要な薬剤です。ですので市販はされていません

 

また、薬局でホクナリンテープのジェネリック薬品のツロブテロールテープを勧められる事があるかもしれませんが主成分自体は同じようです。

ただ、成分を放出するシステムは同じではないようですので気になる方はお医者さんや薬剤師さんにとことん聞いてみたほうが良いでしょう。

ホクナリンテープの種類はは子供の体重や年齢で決める?

ホクナリンテープには袋に

  • 0.5mg
  • 1mg
  • 2mg

と数字が書いてありますよね?

この判断基準はなんなのか?と調べてみたら年齢と体重に関係していることが分かりました。

0.5mgのホクナリンテープ

6ヶ月~3歳くらいまでの乳幼児

体重の目安としては15キロ未満

1mgのホクナリンテープ

3歳~9歳未満

15キロ~30キロ未満

2mgのホクナリンテープ

9歳以上

30キロ以上

 

だいたい上記の目安で臨床効果が期待できるように作られているようです。

ですので9歳だとしても体重が25キロぐらいであれば2mgを三分の1ぐらい切って貼ったほうが良いことになりますよね。

ただ、この判断はお医者さんがすることだと思うのでお父さんやお母さんはこの数値を知識として持っておくだけでも良いでしょう。お医者さんの処方に対してあれっ?と思った時には思い切って聞いてみてください!

スポンサーリンク

ホクナリンテープはどんな副作用がでるの?

ホクナリンテープの貼る場所は、胸、背中、上腕に貼るのが効果的とされているようです。

 

私も実際にホクナリンテープを喘息では無いですが咳がひどい時に処方されたことがあります。

私の場合は貼った場所がかゆくなるという症状が出ましたね。わたし自身肌が弱めというのが関係しているかもしれません。

その他の副作用として大人も子供も関係なく下記のような症状が出ることがあるようです。

 

【重い副作用】

アナフィラキシー

発疹、じんま疹、全身発赤、顔や口・喉や舌の腫れ、ゼーゼー息苦しい

低カリウム血症

だるい、筋力低下(力が入らない)、便秘、動悸、脈の乱れ

 

上記のような初期症状が出た場合はすぐにお医者さんに相談して下さい!

【その他の症状】

  • 動悸(ドキドキ感)
  • 頻脈
  • 血圧変動
  • 指や手のふるえ
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい感
  • 不眠
  • 貼付部位のかゆみ・発赤・かぶれ

このような症状が出る場合で気になるときはやはりすぐにお医者さん、薬剤師さんに相談してみてくださいね!

無理して使い続けなくては行けないものでもありませんし。

 

また、間違って背中に貼っていたのに気づかづに胸に貼ってしまったと二重に貼ってしまうケースもたまにあるようです。

これは貼るときには特に注意しなくてはいけませんね。そして今体に貼ってあるテープをいつ貼ったか忘れてしまう場合ってよくありますよね。いつ貼ったかが分かるように看護師さん達はテープに貼った日にちや時間を書いておくそうです。

忘れっぽいかたはこの看護師さんたちの知識をお借りしましょう^^

まとめ

いかがでしたか?えっ!?そうだったの?という事も多かったのではないでしょうか(汗)

この咳止めテープは日常的にわたし自身貼ってしまっていました。お医者さんから処方されたものだし大丈夫という認識は少し考えなおしたほうが良いかもしれませんね。

なにより本当に苦しくて夜や朝の咳が酷いという場合にだけ使用したほうが良さそうです。

日中は水分をこまめに取らせたりなどしてなるべく自分自身の免疫力で治す努力も必要だと感じました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ