子供の熱が出た時の水分補給にスポーツドリンクは合わない?

熱,熱中症,水分補給

子供の熱が出た時の水分補給はとても大事です。今回は熱が出て大量の塩分や水分などを足してしまっている時に有効な内容になっています。常に常用するとあきらかな塩分とりすぎになってしまいますのでご注意を^^

スポンサーリンク

子供の熱にスポーツドリンクが適さない理由は?

子供でも大人でも熱が出た時はスポーツドリンクを水分補給代わりとして結構飲んでいる方は多いのではないでしょうか!?

 

熱が出た時というのは体の水分とともに塩分やミネラルも大量に失うのです。この時に普通の水を飲ませてしまうと体は自己防衛本能から体の塩分濃度を保つために更に水分を体から出そうとしてしまうのです。

そうすると脱水症状という危険に陥ってしまいます、、、。

 

ただ、スポーツドリンクには体が必要としている塩分がそれほど入っていません。体に必要なナトリウムを取るてんでは理にかなっているのですが。そればかりかスポーツドリンクは風邪を引いた時に特に必要としない白砂糖がたっぷり入っています。これは子供の体にとっては習慣化すると違う病気を引き起こしてしまいます。

 

よくスポーツドリンクが甘すぎるので薄めて飲ませているかたもいるかと思います。(わたしもそうでした^^;)これでは塩分濃度も薄くしてしまうので余計に意味がありません。

スポンサーリンク

子供の熱には経口補水液OS-1や手作り予防ドリンクで水分補給!

ここ数年の間に所ジョージさんがCMしている経口補水液OS-1という飲み物が薬局や、ドラックストアあちこちで見かけるようになりました。こちらは熱が出た時に必要なナトリウム、カリウムが確実に取れます。

オーエスワンのホームページ

一本大体200円位で売っています。

スポーツ飲料も自動販売機で買うと160円くらいですのでそれほど高くはないと思います。

それよりももしものときのために各家庭に、特に小さいお子さんがいるご家庭は1本常備しておいても良いのではないでしょうか。

 

しかし、このオーエスワン、、、。わたしも以前飲んだことがあるのですがなかなか飲みづらいんです(汗)

でも大丈夫なお子さんもいるかもしれません。うちの子供たちはあいにく脱水症状になりそうな熱を今のところ出していないので試せていないのですがみなさんのお家では飲ませたことがあるでしょうかね?

自作の熱が出た時の水分補給ドリンク

そして夜遅いし近くにドラックストアもない、、、自販機もないから買いにいけない!!!という方のために自作のドリンクの作り方を紹介します!

水500mlに対して

砂糖かハチミツ20グラム

塩小さじ4分の1

レモン汁大さじ1程度

これだけです。最初は少しお湯を入れて溶かしやすくするとやりやすいです。更にこだわるかたは砂糖やハチミツ、塩は天然の物。お水は浄水されている水、レモン汁は市販されている黄色いボトルではなくレモンから絞ったものを使うと良いでしょう。市販で買ったらかなり高くなりそうな内容ですが^^;

手作りだから出来る水分補給に使える飲み物です。

レモン汁はなくても良いのですがあると格段に飲みやすくなります。

まとめ

ただ、どうしても自宅にスポーツドリンクしか無い!という場合は500mlのドリンクに対してお塩を1グラム混ぜましょう。小さいお子さんの場合は甘い味に慣れると習慣化して虫歯などの原因になってしまいますので出来たら薄めてあげたほうが良いかと思います。

発熱時の水分補給は脱水症状を防ぐためにた大事な手段です。お医者さんでもよく言われるかもしれませんがお子さんが小さい時は特に注意していきたいですよね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ