赤ちゃんのシロップ薬の飲ませ方は?スポイトを使うと簡単!

赤ちゃん,シロップ薬,飲ませ方

赤ちゃんが風を引いてお医者さんへ行くと必ず処方されるのがシロップ薬ではないでしょうか。

一応飲みやすいように甘い味が付いているのですが、やはり赤ちゃんも飲みたくない時は飲みたくないのです(^o^;)

そんな時に活躍してくれるスポイトの使い方を紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんがシロップ薬をのまない時はスポイトで飲ませる!

赤ちゃんには大体粉薬ではなくてシロップが処方されるかと思います。

それも結構甘めのイチゴ味のような味がしましたね~(どんな味がするのか舐めましたww)

味としては飲みやすいかな~という印象が大人としては強いです。

 

ただ赤ちゃんは気分屋ですので親がお薬をのませたい時と赤ちゃんの気分があわない時もあります。

なかなか飲んでくれない時はスポイトが私が経験した中では1番飲ませやすかったですね^^

 

私のかかりつけの小児科の薬局ではスポイトはシロップ薬と一緒にもらうことが出来ました。

もし買うとしてもそれほど高くは無いはずなので買っておくと良いかもしれません。

 

シロップ薬が好きな子であれば後で紹介する飲み方でも十分飲んでくれると思うのですが、スポイトはある意味最終手段の飲ませ方なのです(゚д゚)!

半ば無理矢理に飲ませる方法ですね(汗)

 

シロップの入っている入れ物にスポイトをいれ吸い上げます。

飲む量によっては何回もこの作業が必要になりますが、、、。

 

スポイトをなるべく口の奥のほう、それかほほの内側に沿わせるようにして少しずつシロップを出していきます。これは赤ちゃんの様子を見ながら徐々にですよ!あまり勢い良くいれても赤ちゃんがビックリして吐き出してしまう場合があります!

少しずつ、飲んだのを確認しながら出していきます。

 

もし途中で嫌がったら最終手段!!!

一気に入れていました私の場合、、、(^o^;)

 

スポイトは赤ちゃんが自分で吸わないぶん親が調節してお薬を口の中に入れます。

ですのでぐったりしている時でも、ちょっとうとうとしている時でもお口の中に入れることができるので是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク

赤ちゃんにシロップ薬を飲ませるときのその他ののませ方!

スポイト以外にも飲ませ方はあります。

ただこれはシロップの味が好きで飲んでくれる子向けかと、、、。

哺乳瓶の乳首の部分のみ使う

これ私も経験済みです^^

あまり穴が小さいものは赤ちゃんも吸いにくいのでやめたほうが良いでしょう。クロスの穴で大きめサイズが適しているかと思います。丸穴ですととめどなく穴から出てきますので(^o^;)

母乳の赤ちゃんでももしもの時のために乳首部分だけ買っておいても良いかもしれませんね。

スプーンを使う

スプーンを使う場合は新生児や4ヶ月5ヶ月位の赤ちゃんですとまだスプーンから吸うという行動は出来ないと思うので離乳食でスプーンを使い始めてる!というお子さんが対象になります。

うちは私がシロップをこぼしてしまいそうでしたのでスプーンは使ったことが無いです。

あと、子供の機嫌しだいでは払いのけられる場合もあります。

スプーンは機嫌の良い時だけにしておいたほうが無難です^^

まとめ

時には無理やり飲ませなくては行けない時もあります。

でも親としてもなるべく子どもと対決せずに飲ませたいものですよね^^;

お互いにとって最善の飲み方が出来るように日々模索していきましょう(*^^*)

私にとってもこのシロップを飲ませていた時期は格闘でしたので、、、。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ