赤ちゃんや子供の熱が上がったり下がったりして続く!原因はなに?

子供,熱,上がったり下がったり

子供が熱を出すと本当に心配になりますよね^^;元気がなくなるとうるさすぎる日常が急に恋しくなるものです。

そもそも熱が出る原因ってなんなのか?熱が出た場合はどんな病気が疑われるかなど見ていきましょう。

スポンサーリンク

熱以外の症状がなくて赤ちゃんや子供が元気な時

赤ちゃんや子供は発熱しやすくもともと上がったり下がったりし易いという特徴があるのです。

 

そしてまだ生まれてからの期間も大人に比べて短いため、免疫力が低くて体に入ってきた細菌やウイルスをなかなか退治することが出来なくて体の中でかなりの戦いが繰り広げられています。これが上がったり下がったりする原因ですね。

 

子供の体温は朝起きてから少しづつ上がっていき、夕方から寝る前までに平均で0.5度ほど変わるのが普通です。

1日の疲れが出る夕方夜くらいにちょっとした細菌が体内に入り込むと発熱となって体温が夜にぐっと上がることがあります。

これはうちの子供もよくなるのですが、この場合は一晩ぐっすり眠ると回復することがほとんどです。

 

もし38度や39度の熱が出ても子供というのは大体の場合元気で食欲もあることが多いです。

熱以外に特に気になる症状がないのであれば熱の上下を繰り返しても長くても3日以内には治ります。

しかし、

  • 4日以上以上熱が続く場合
  • 1回平熱に戻ったのにまた39度くらいになった
  • 三ヶ月未満の赤ちゃんが38度39度の熱が出た場合

は他の感染症などにかかっている場合もあるので今までの症状を病院に行ってお医者さんに説明して下さいね。

3ヶ月未満の赤ちゃんの場合は水分が取れていて食欲もあれば時間内の受診。それ以外に普段と様子が違ったら時間外でも受診した方が良いでしょう。小さい子は進みが早いですからね。

スポンサーリンク

子供の熱が上がったり下がったりする原因はなに?

子供が熱を出した時に疑われる病気というのはこれだけあります。

  • 突発性発疹
  • 溶連菌感染症
  • はしか
  • 水疱瘡
  • インフルエンザ
  • RSウイルス感染症
  • ヘルパンギーナ
  • 手足口病
  • ウイルス性胃腸炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 細菌性腸炎
  • 中耳炎
  • 川崎病
  • 髄膜炎

ざっとあげてもこれぐらいあるのです。これ以外にもまだまだ解明されてないものもあるかもしれません。

実際うちの上の子が10ヶ月くらいの時、なかなか熱が下がらなく血液検査をしたら何かの数値が以上に高く即入院になったことがありました。川崎病を疑われ色々検査もしたのですが結局病名というか原因は分からないまま10日入院して退院しました。

今でも少し引っかかっています。

咳が出る場合

RSウイルス

気管支炎

肺炎

などが主に疑われます。

けいれんを起こす

髄膜炎

が主に疑われます。その他赤ちゃんが特になりやすい熱性けいれんというものも疑われる場合がありますね。

発疹がでてきた

溶連菌感染症

突発性発疹

はしか

水疱瘡

手足口病

ヘルパンギーナ

が疑われます。

溶連菌やヘルパンギーナなどは喉の痛みも結構くる場合があります。

ゆるい便が出る

ウイルス性胃腸炎

細菌性腸炎

が主に疑われます。

耳に違和感があったり痛い

中耳炎

が主に疑われます。

 

その他川崎病はまた色々な症状がでて初めてお医者さんも判断できる病気ですのでのちほどまた詳しく書いていこうかと思っています。

まとめ

熱が続いた場合はお医者さんに行った時点でそれまでの経緯を詳しく話しましょう。

こんなことまで話してもいいかな?ということを話してそれがきっかけで病名が付く場合もあります。

溶連菌やインフルエンザ等は検査で判断できますが発疹などは後にならないとわからない場合もありますのでもし熱が下がったとしても発疹が出たら再びお医者さんに行って診断してもらって下さいね!

保育園などに行っているともしかしたら登園できない感染症にかかっている場合もありますので。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ