子供のノロウイルスの食事で発症時にNGな食べ物や飲み物5選!

子供,ノロウィルス,食事

ある日突然の嘔吐と下痢。

私もかかったことがあるのですが本当に辛いです、、、。お子さんがノロウイルスにかかると本当に心配になりますよね。

徐々に痩せていくんですから^^;心配だからこそ、発症した時に食べさせてはいけないものをまず復習しておきましょう。

スポンサーリンク

ノロウイルスの症状が出ている時にNGな食事は?

症状が出ているときは食欲もあまりないのですが、少しでも食欲がある場合に食べたり呑んだりしないほうが良い食事を紹介します。

冷たいもの

これはついついとってしまいますよね。

特に嘔吐の後は口の中をさっぱりさせたいため冷蔵庫から飲み物を出して飲んでしまいがちですが、冷たいものを取ると

「胃腸をびっくりさせてしまう」

という観点から飲まないほうが良いです。

常温のものか、温かいものを取るようにしましょう^^

柑橘類の飲み物・果物

オレンジジュースなどですね。あとはみかん。

みかんは風邪予防には最適なのですがノロウイルス発症時には適さない食べ物です。

酸味が吐き気の原因に、、、。あと甘みが下痢を起こしやすくさせてしまいます。

ですので甘くなく、酸味がない飲み物が良いですね。

乳製品

これもついついとってしまいがちな物ですね。

症状が出ている時にあまり牛乳を飲む方はいないかと思うのですが、乳製品というのはノロウイルス発症時にはかなり胃腸に負担をかけてしまいます。

とくにヨーグルトが良いとされていますが、ヨーグルトの酸味で吐き気が促される場合が多いのでノロウイルスの症状が治まってきたら食べるようにしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

甘いもの

甘みは柑橘類や、乳製品と同じで吐き気や下痢の症状が出てしまうものになります。

食べれるからとお菓子などを与えるのは最もダメです!!!ジュースもですね。

野菜などにも当てはまって

さつまいも

かぼちゃ

その他果物も同じですね。

これらはノロウイルスの症状が落ち着いてきたら摂取するようにしましょう。

刺激のある物

  • キムチ
  • カレー
  • カフェイン
  • アルコール
  • 唐辛子

などの辛さやアルコール、コーヒーなどは論外です^^

なかなか嘔吐時などには食べようとは思わないはずですが絶対NGですよ!

まとめ

基本症状が出ているときは

「絶食」

が一番いいですね。一回悪いものを全部出してしまいましょう

ただ、脱水症状にならないために水分だけはこまめに取るようにしましょう。でもゴクゴク飲むほど取らせてしまうと吐き気の原因になってしまうので、本当にスプーンひとさじづつ位をこまめに飲ませてあげてください。

オーエスワンという電解質ののみのもが薬局などで売っていて1番飲み物としては最適なのですが子供はこの味がなかなか受け付けてくれません。

ですのでポカリスエットやアクエリアスなどを薄めてあげる方法でも良いですね。(あまり飲ませすぎると甘みで下痢症状が強くなる場合があります)

あとは症状が治まったからと急に普通の食事に戻さないで、消化されやすい物を少量づつ食べさせ徐々に増やしていってください!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ