ノロウイルス子供の症状は熱や咳もでる?病院に行く目安や学校は?

ノロウイルス,症状,子供,熱,咳

ノロウイルス(流行性嘔吐下痢症)になんと新型が2015年出てきたようです!

最近では茨木の認定こども園で園児と職員があわせて131人が嘔吐や下痢の症状を訴えたとか。ノロウイルスが検出されたのは5人だったのだそうですけど怖いですね~(汗)

嘔吐や下痢はよく聞く症状ですが熱や咳もでるのか。

病院に行ったほうが良い目安や学校や園にはいつから行けるのかまとめてみました。

スポンサーリンク

ノロウイルスの子供の症状で発熱や咳もでるの?

ノロウイルスの本格的なシーズンは12月です。まさに今ですね。さらに2月くらいまでは続きます。

しかも今年は新型ウイルスが出てきたということでさらに感染拡大が懸念されているようです。

今までは【G2.4】というタイプだったのが新型は【G2.17】というタイプで今年はこれが主流になると見られています。

 

特に毒性が従来のものより強いというわけではないですが、今までのタイプで抗体の出来ている人も新型の抗体はまだない人が多数でしょうからかなり気をつける必要がありそうですね。

 

ノロウイルスというと嘔吐や下痢が主な症状です。

子供の場合はどちらかと言うと下痢もしますが嘔吐の症状が強く出てくるようです。ただ個人差もありますので下痢が強く出る場合もあります。

熱や咳などは症状として出てくるのでしょうか!?

◎発熱

発熱はします。

37度~38度とそれほど高熱にはならない傾向があります。

体に入ったノロウイルスの菌をやっつけるために戦っているため熱が出るようです。

ただ、熱も個人差があるので出ない子もいれば出す子もいます。

◎咳

咳が強く出るという症状は見られないようです。

ただ、風邪症状のようなものもあることがあり咳のほか鼻水や腹痛なども見られることがあります

もしノロウイルスにかかっていて咳が強く出ている場合は他の感染症に罹っている場合もあるかも知れませんので病院の受診をおススメします。

スポンサーリンク

ノロウイルスで病院に行く目安はどのような症状が出た時?

  • 数回連続して吐く(暗緑色~黄褐色の胆汁も混じっている)
  • 自分で水分が摂れない
  • お腹を抑えていたがる
  • 手の甲をつまんで放してもすぐ元に戻らない

以上のような症状が見られる場合はすぐにお医者さんに連れて行きましょう。

 

手の甲をつまんで話してもすぐ元に戻らない場合は脱水症状が進んでいるので何も考えずに本当にすぐに受診しなくてはいけません!

ノロウイルスは症状の進行が早いので自分で水分が取れない時点で早めの受診をしておいたほうが良いです。

 

そして注意点として吐き気が何回もある時に水分をゴクゴク飲ませては行けません

 

吐き気が出てからら3~7時間は周期的に腹痛や吐き気が襲ってきます。

数回(1~10回程度)吐クでしょう。この時が最も吐き気が強くて吐き気止めの薬や座薬を使ったとしてもなかなか症状は改善しません。

最初の6時間くらいは水分を与えても全部吐いてしまいます

ですので絶食、飲み物も何も与えないようにして様子を見ることが望ましいです。

私も経験として吐いた後に普通に飲ませて、何度か吐かせてしまったことがあります。

 

吐き気が落ち着いてきたら、スプーン一杯程度の水分をちょこちょこ上げましょう。

この時に甘味のあるジュースやアクエリアスポカリスエットは吐き気を誘ってしまう可能性があるので、スポーツ飲料だったら薄めて、一番いいのはOS-1などの経口飲料水が望ましいですね。

ノロウイルスで学校や幼稚園保育園に行けるのはいつから?

ノロウイルス,学校,子供,症状

ノロウイルス(流行性嘔吐下痢症)はインフルエンザのように熱が下がってから何日間は来ては行けません。

というような学校保健安全法施行規則の第二種で決められているような感染症ではありません。

 

ただ、学校や保育園幼稚園に症状が治まってから行く場合には学校、園単位で対応が違ってくるようです。

私の子供が通っている幼稚園では登園許可証明証の第三種の感染症のところに流行性嘔吐下痢症と記載されていますので、登園するためには医師の許可をもらってからの登園となります。

 

第三種は溶連菌感染症や手足口病などと同じくくりになるようです。

ですので目安としては

  • 下痢や嘔吐の症状が無くなったら。
  • 日常で生活できるレベルになったら
  • 食欲ももどったら

という状態になったら必要な場合は病院へ行き、登園、登校許可をもらいましょう。

まとめ

まだ冬が始まったばかりですが、私の住んでいる地域でもノロウイルスに感染している人が多くなってきています。

すでに流行している地域もあるようですが、こればかりはくるときは来てしまうのでどうしようもありません。

ただ、免疫力を高めておくことは可能ですので、食事や睡眠、そして手洗いうがいなどの予防は常日頃からきをつけておきましょう

ノロウイルスだけでなく他の感染症の予防になりますので^^;

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ