お年玉の相場で小中学生や高校生の金額は?大学生には必要?

お年玉,相場

小学生・中学生・高校生・大学生のお年玉の金額ってとても悩みますよね(汗)

1番気をつけなくてはいけないのが小学生の時にあげていた金額でその後の金額も決まってくるということです。

高校生になった時にあげる金額をあらかじめ決めておいて小学校時代から設定するのも良いかもしれません。

それでは相場を見ていきましょう!

スポンサーリンク

お年玉の相場(小学生・中学生・高校生・大学生)編!

前の記事で

赤ちゃんや幼稚園児のお年玉の相場

を書きましたが年齢を上げて小学生以上の学生のお年玉の相場を紹介します!

小学生のお年玉の相場

小学校低学年の場合

小学校1年生、2年生ですね。

 

1000円か2000円

 

が妥当ですね。

小学校中学年の場合

小学校3年生、4年生ですね。

 

2000円か3000円

 

が妥当かと思います。

小学校高学年の場合

小学校5年生、6年生ですね。

 

3000円か5000円

 

が妥当かと思います。

この頃になると友達同士ででかけたり、友達とお金をつかうことも多くなってきますよね!?

ですのであまりにも少ないのも友達付き合いに影響が出てくる場合があるので悩みどころです。

 

もう一つの考え方として小学生の場合ですと学年✕1000円という計算式でお年玉を上げている方も多いようです。または学年✕500円

1000円から始まって6年生の時には6000円ですね。4年生の時は4000円ですがあまり4という数字はお正月にもふさわしくないですので100円プラスしてあげるなどして工夫をしましょう。

でもこの場合中学生になってからのハードルが上がる場合があるので中学生になった時のことも考えてあげましょう。

スポンサーリンク

中学生のお年玉の相場

1年生から3年生まで特に金額の変動はなく

 

5000円

 

という方が一番多いですね。

 

先ほどの続きですが、学年✕1000円の計算式に当てはめると

  • 中学1年生=小学7年生ということで7000円
  • 2年生で8000円
  • 3年生で9000円

となります(汗)

なかなかの出費になりますね~。

高校生のお年玉の相場

高校生も学年に関係なく

 

10000円

 

という金額が一番多いです。

高校生ともなると活動範囲は大人並みです。雑誌やなんやかんやと色々欲しいお年ごろです。

ですので一万円という金額は妥当ではないでしょうか。

大学生のお年玉の相場(そもそも必要?)

大学生の場合はそもそもお年玉は必要?という所から考えるかもしれませんね(汗)

高校生になったらアルバイトもできるからあげない!という方も少数ですがいらっしゃいます。そう考えると大学生はいらないのでは?と考える方も多いかもしれませんね^^;

相場としては

 

10000円~20000円

 

という金額が出ていますが

親としてはかなり痛いです、、、。

大学生にあげるかどうかはやはりアルバイトも関係してきますよね。しかも最近は景気がよくありませんので大学に通わせているだけで家計が厳しいよ~というご家庭もかなり多いのが現状です。

 

または一つの区切りとして20歳まで!というのも良いかもしれません。

まとめ

赤ちゃんや幼稚園保育園時代であれば気楽にお年玉もあげれますが上の年代になってくるとお年玉だけでも中々の出費ですよね。

自分の子供だけでも一杯一杯なのに親戚や兄弟の子供にもあげなくてはいけないお家も多々あるでしょう、、、。

しかも年代が似たり寄ったりだととくに高校生時代なんかは、、、(泣)考えたくありませんね(^o^;)

 

大学生に関しては各家庭の判断、親戚同士の話し合いで決めたほうが良いかもしれません。

方や大学生でお年玉もらってる、高卒で就職して自分で稼いでいるからお年玉は無し。というのもなにか微妙な感じがしますしね。

私の意見、お年玉をあげるのは高校生まで!で統一できたらいいですね(*^^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ