手足口病は冬でも大人でも感染する?初期症状は?

手足口病,症状,冬

手足口病はここのところ毎年夏に

結構流行ることがあるようですね。

 

ニュースなどで見たのですが

大人でもかかる人が増えているとか。

 

そして夏の感染症と思われていた

手足口病ですがなんと冬にも感染

してしまうことがあるようです。

 

もはや季節は関係なくなってきて

います。

私が小さい頃はそんなに流行る

病気ではなかったのですがね。

 

では手足口病の初期症状や

原因はなんなのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

手足口病の原因や初期症状は?

手足口病の主な症状は発疹です。

エンテロウイルスという種類の

ウイルスに感染してしまうことが原因。

 

感染から発症まではだいたい

2日から7日ほどで、最初は口の中や

べろ、歯茎などに口内炎が出来て

食欲が落ちてよだれが増えてきます。

 

その後、手のひらや足の裏、

指の腹などに水泡がでるのが

一般的です。

 

まれにほっぺやおしり、

手の甲などにも出てくることが

あるようです。

 

下記のサイトに分かりやすい

写真が載っていました。

手足口病の発疹の写真

 

熱も出ることがあるのですが

38度程度の熱が1日か2日続く

くらいが多いです。

夏だけでなく冬も感染する?

手足口病といえば夏に流行する

と思われていますが、最近では

冬でも感染する人が多く報告される

ようになってきました。

 

ですので通年で感染する

可能性はある感染症と考えて

いたほうが良さそうです。

保育園や幼稚園への登園はいつから大丈夫?

手足口病は学校で予防すべき

感染症に含まれていないので、

出席停止になる病気ではないようです。

 

基本的に発熱や水泡などの

症状が出ている間は子供の体調を

考えて欠席して、回復してきたら

登園という方向になるかと思います。

 

これはお医者さんに確認して、

あと園によってももしかしたら

対応が違うかもしれませんので

確認はちゃんとして下さいね^^

 

ただ、とても流行っているときは

別の対処が園から出されるかもしれない

のでその時は速やかに判断に

従うようにしましょう。

スポンサーリンク

手足口病は大人も感染するの?

近年ではウイルスが変化して

きているらしく大人への感染も多く

なってきています。

 

大人がかかる場合は子供からの

感染が今のところ一番多いようです。

 

大人がかかると発疹の痛みなども

強くなる人も多いようですね(汗)

指先に発疹が出ているため力が

入らなかったり、足の裏の発疹で

歩くことも辛いとの症状の報告も

見られます。

手足口病の治療法は?

治療法やお薬は特になく、

対処療法になります。

 

だいたお子さんであれば一週間ほど

で自然に治っていきます。

 

口の中の水泡の痛みが結構ある

のでしみないように酸味や塩分の少

ないものを意識して食べさせて

あげてください。

手足口病を予防するには?

まずはこまめなうがい手洗いは

最重要な予防策です。

 

そして感染者と同じタオルは使わない、

そして子供がかかった場合は

ついついやってしまいがちなのですが

一緒にお風呂には入らない事も

重要です。

 

最近では大人にも感染が認められて

いますので用心に越したことはないです。

ですのでタオルで体を拭いたり、

親は一緒に入らなくシャワーだけでも

浴びさせるという対処策が必要になります。

 

あとは飛沫感染なども見られますので

咳エチケットとして人に向けてく

しゃみをしないなど、この機会に

教えてあげるのも良いかなと思います。

まとめ

インフルエンザなども毎年変化

して流行していますが手足口病も

徐々に変化してきているのですね。

 

おたふく風邪なども大人がかかると

重症化し易いといいますが手足口病も

人によってはかなりつらい症状が

出ることがあると聞いて絶対かかりたく

ないですがかかるときはかかりますしね、、、。

 

まずは自分もそうですが子

供がかからないように予防を

しっかりしていきましょう(^o^;)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ