突発性発疹で不機嫌になる原因は?2回かかることもあるの?

突発性発疹,不機嫌,原因

突然の高熱からはじまる突発性発疹。

初めての発熱がこの突発性である赤ちゃんはものすごく多いようです。主に1歳代が一番多くてついで0歳児、2歳児と続きます。

不機嫌になるというのも特徴の1つなのですが原因は何なのでしょうか。

スポンサーリンク

突発性発疹で不機嫌になる原因は?

そもそもどんな病気なの?

突発性発疹は発熱と発疹が主な症状になります。

かかりやすい年齢としては4ヶ月~2歳くらいまでの月齢の低い子達が対象です。

特に流行りやすい時期はなくて通年を通してなりやすい病気です。

 

ヒトヘルペスウイルスの感染によって起こって、突然38度~39度の熱が出てだいたい3日から4日ほど続きます。

ところが高熱が出ているにもかかわらず子供自体はとても元気で食欲もあるのが突発性発疹の特徴になります。

熱が下がるころに発疹(ブツブツが出てくる)

熱が下る頃に発疹が出てくるのが最大の特徴ではないでしょうか。

ただこの発疹は、皮膚の中の毛細血管が部分的に赤く拡張することによって赤く見えるだけで、水疱瘡のように後が残ることもなくかゆみも伴いません。

発疹が出る部位は胸やお腹にでて、手や足にはあまりぶつぶつは見られません。

 

この発疹が出てくる頃から治る頃にかけてとても不機嫌になる子供が多いことから別名「不機嫌病」とも言われるくらい子供の機嫌がかなり悪くなります。

グズグズして泣きわめいたり、抱っこしても反り返るようにないたりだからといって降ろしても泣くという手のつけられない状態にもなります。親としてはなかなか体力勝負の期間なので気合を入れましょう!!!

不機嫌に対処する方法は?

この期間は真っ向から立ち向かってはお父さんもお母さんも逆に具合が悪くなってしまいます。

 

ですので子供が気を紛らわせることが出来たり、好きなことをめいいっぱいさせてあげましょう。

  • 音が出るおもちゃで遊ぶ
  • 絵本を読む
  • DVDを見せる
  • 車でドライブ
  • 外の気候が良ければお散歩

などなど普段していることかもしれませんが。

逆に、普段あまり見ていないDVDなどを見せても夢中になってくれる場合があるので色々と試してみましょう。

 

それでも機嫌が良くならない時は親も開き直るしかありませんね。

突発性発疹はこういう病気で、乗り越えるしかないんだ!と、、、。

実際不機嫌になる要因はこれがこうだから!ということは解明されていないようです。

スポンサーリンク

突発性発疹は2回かかることもあるの?

実は突発性発疹のウイルスはわかっているだけでも2種類あるんです。

ヒトヘルペスウイルス6型と7型ですね。

 

他にも似たようなウイルスがあるのでもしかしたら2回以上かかるお子さんもいるかもしれません。

1回感染した後に体に潜んでいたウイルスが体調を崩した時に出てくることで発症する場合もあります。

 

その反対に感染しても気づかなかったり、分からないこともあります。

主に唾液からが感染ルートです。

風邪のような症状や軽い下痢のような症状で、熱が下がった後に発疹が出ないと突発性発疹に感染していたかどうか分からないので今までかかったことないよ~と言っている方ももしかしたらかかっていた可能性はあります。

 

うちの子も2人とも突発性発疹の診断は受けたことがないのですがいつの間にかかかっていたのかもしれません。

不機嫌なグズグズも魔の2歳児などの時期と重なっていれば見過ごしている可能性もあります(笑)

 

突発性発疹にはウイルスを抑える薬はないので治療は対処療法になります。

赤ちゃん、子供の様子を見ながら適切な対応をしていきましょうね!(^o^)!

まとめ

突発性発疹は初めての熱だからという理由では判断できません。発疹が出てからの判断になります。

特に1歳にまだなってないお子さんですと特に発熱するととても心配になりますよね(汗)

発熱から考えられる病気

の記事には熱が出た時の他の症状から考えられる病気一覧が見れます。参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ