幼児の習い事におすすめの人気ランキング2015トップ10はなに?

幼児,習い事,おすすめ,ランキング

入園などをきっかけに何か習い事をさせたいと考えているお家の方は多いのではないでしょうか。

かくいう私も上の子(小学校低学年)には習わせたり、辞めたりと何個か経験してきました。私の意見を踏まえながら(私の経験も)人気のランキングを紹介していきます!

それでは人気のランキングをみていきましょう!

スポンサーリンク

幼児に人気の習い事ランキングトップ10!

1位 水泳(スイミング)

水泳を習っている子供が一番多くて1位になっています。

うちの子は習わせていませんが、実はわたしは1年生から6年生まで習っていました。ちなみに4種類の泳ぎは完璧です(笑)

 

小学校に入る前まで凄く風邪を引きやすく、体が強くなるかも!というのもあって習い始めました。

実際小学校1年生のプール授業で顔も付けられなかったのが自分で悔しかったのでしょう。習い始めてからどんどん上手になっていくのが楽しくてずっと続けることが出来ました。そして風邪もひきにくくなりましたし。

 

ただ、スイミングスクールは大量の消毒が入っているためアトピー気味の子供には向かないかもしれません。

私自身アトピーではなかったのですが皮膚が薄く、今思えばあの体の痒さはもしかして塩素剤が原因だったのではないかと考えるからです。

2位 英語・英会話

英語は2018年から小学校の授業に組み込まれてきます。

そしてこれから今まで以上に国際化社会になって子供が英語を使う機会は格段に増えていくのは予想できます。

 

家も上の子に実は1歳頃から習わせていたのですが小学校に入って辞めてしまいました。

小さい頃から英語に触れさせていた事もあって確かに耳は育ったかもしれません。CDを聞いてリスニングの宿題などが出た時も私よりもちゃんと聞こえて答えに丸をつけていました。

 

幼児期に英語を習わせるのであれば親の協力は必須です。

身にしみて分かりました。小学校に入るともっと必要になります。うちはそれに耐えれなくて辞めてしまったのですが、、、。

3位 体操

体操は私も子供も経験したことがないのですが、体操教室に通い始めてから

  • 内向的な性格が社交的になった
  • 体が柔らかくなった
  • あらゆる運動が出来るので自分に自身がついた

などメリットはかなり多いようですね。

体操というと私の想像では勇気がいる動作もあるかと思います。

最初は怖いけど挑戦してみて「出来た!!!」という達成感が子供を成長させて、そして自信にもつながり楽しくなるというサイクルのようですね。

4位 ピアノ

幼児,習い事,ピアノ

こちらも定番の人気です。トップ3にも小学生の子供たちの間では入っているようです。

ピアノは私も経験しています。

小さい頃は訳も分からず通っていました。その頃は他の子よりも上手に引けることに少し優越感はあったかもしれません。

 

ただ、小学校高学年になった頃にあまりピアノが好きではないことに気づきました。

辞めたいと言っても辞めさせてもらえず。この頃から上達はしませんでしたね~(^o^;)

やはりなんでもそうなのですがピアノを弾くのが楽しい!好き!という気持ちがないと本当に習わせていてももったいないかと思います。

あきらかにお子さんがやる気のない場合はスパっと辞めさせるのもしょうがないかと思います。

ただ、幼児の場合は気分で言っていることもあるのでここらへんは探り探りですね^^;

5位 学習塾、幼児教室

幼児期に何かを習わせたいけど何を習わせればよいか迷っている方は幼児教育もおすすめです。

体を動かしたり、英語をしてみたり、勉強をしたりバランスよく体験することが出来ます。

ここで子供の様子を見ていて自分の子供は何が好きで向いてそうなのかも見極めることが出来るかもしれません。

 

あと幼稚園などでは年中さんくらいから学研のような数字の勉強をするようなスクールを園内でやっているところもあります。

小学校に上る前にひらがなが書けるようになったり、簡単な足し算などが出来るようになっているとその子の自信には繋がるかと思います。

6位 サッカー

サッカーは最近ではなでしこジャパンなどの影響で男の子だけではなく、女の子に人気になってきているので野球はランクインしていないのですがサッカーが6位に入っています。

実際うちの子は女の子でサッカーを始めました。

 

サッカーは極端に言えばボール1つあれば練習出来てしまいます。

そして結構走り回るため体力もついてきます。そして団体のスポーツなので友達と協力して頑張らなくてはいけない!という相手を思いやる気持ちも育つでしょう。

 

実際小学校のサッカーをしているお兄さんたちを見ていると足の早い子の割合がかなり多いです。もし足を早くさせたい!などの願いがあるのならサッカーをするのも良いかもしれませんよ^^

7位 書道

書道も私経験しています、、、。

書道は将来役に立つ習い事ですね。

特にご祝儀袋に自分の名前を書くときや、あとはお悔やみなどの袋に書く場合も筆ペンなどを使って書きますよね。

この時に筆に慣れていればカッコいい筆文字を書くことが出来ます。

 

あとは集中力でしょうか。1つの文字や課題を書くのに結構緊張感を保っていないと綺麗に書くことが出来ません。

私の場合普段の文字はきたないですが、ここぞ!という時は丁寧に書くとそれなりの字を書くことが出来ます。

字はきたないよりはキレイなほうが色々と有利な場面は出てくるでしょう。

スポンサーリンク

8位 ダンス

ダンスはいろいろな種類がありますよね。

ジャズ、ヒップホップ、フラダンス、タップダンス、社交ダンス、あとはよさこいもダンスに入るかもしれません。

 

もしお子さんが音楽に合わせてよく体を動かしている、親から見てもリズム感が良さそう!などという場合は近くにあるダンス教室や、お友達が通っているところなどに見学に行ってみるのも良いかもしれません。

踊るのが好きな子は楽しそうであれば「やる~~~!!!」という場合が多いです(笑)

うちも上の子がダンスもしています。ダンス教室の選び方などはこの記事で!

9位 空手

空手は2015年は以前に比べ3%から5%位空手人口が増えているようです。

去年はランク外だったそうですがかなり上げてきましたね。

 

実際私の周りにも小学生ですが空手を習っているお子さんは多いです。

少し面白い記事を見つけました。空手をするなら高校からでも良いのでは?という意見です

武道家の男性のブログ記事

検討されている方はこちらの記事を見てみても良いかもしれませんね^^

10位 そろばん

そろばんも昔から不動の人気を誇っていますね!

かくいう私もそろばん経験者です。(かなり習い事していたんです(泣))

 

まず幼児期にそろばんは早期教育という点で良さそうに見えますがそろばんの玉の意味をとりあえず理解するのにはある程度年齢の経過も必要になってきます。

幼稚園児ではまだ早いと言えます。

小学校1年生から習い始める子も多いですがそんなに焦る必要はないようです。

実際小学校3,4年生ころから習い始めると吸収も早く理解力もあるためどんどん進んでいくようです。

まとめ

どの習い事にも共通して言えるのですが後は本人のやる気次第しかありません。

あとは幼児期は楽しく習い事に通えるように先生との相性もかなり重要です。

親が習わせたいからといってブランド名などに惑わされず、お子さんにあった教室を選んであげて下さいね(^o^;)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ